コンピュータの速度を決めるもの

コンピュータの速度を決める要因は様々なものがありますが、その中で大きなものが、CPUとメモリになります。CPUはコンピュータにおける頭脳のようなもので、そのコア数(どれだけのことを並行して処理できるか)とクロック数(単純な処理を1秒間に何回できるか)によって大幅な違いが出ます。また、メモリは「一時的に記憶を引き出して処理できるようにしておく」部分で、ここが大きいとより大きく処理をこなすことができるのです。しかし、このようにCPU、メモリの性能が良くとも、使っているソフトウェアによってはそれが「遅い」と感じることもあるかもしれません。そのあたりは相性と、そのソフトウェアの性能にかかってきます。また、使い込みすぎてパソコン自体が疲弊していても、処理が遅くなることがあります。

速度を実感するタイミング

コンピュータを操作していて、速度が遅くなったように感じるときがあります。大容量のハードディスクが当たり前になった昨今、実際に使用する容量を考えると、無駄な容量が結構あります。確かに、コンピュータを購入したときと、様々なアプリケーションをインストールしてからの速度はそのスピードに差が出てきます。高性能のCPUとメモリを搭載しても、探す領域が広すぎると遅くなりますから、出来るなら必要な容量の2倍くらいに、ハードディスクを分割して使用するのも一つの手法です。初期インストールされているアプリケーションで、使わないものは削除し、必要なものだけで動かすことも大事です。

コンピュータを楽しむ情報