コンピュータ の自作時の注意点

コンピュータのハード構成の組み立てを自力で行うには、説明書をよく読んだ上で必要最小限度の構成から組み立てる方法が有効です。必要最小限度の構成だと、マザーボードとメモリと電源ユニットが該当します。まずはこのコンピュータの最小構成で起動するかを確認して、異常がないなら他のハードを設置していくという手順を取ります。この方法の有効な点は、少しずつハードの設置を行う事により、設置上の不具合を特定しやすくなることです。その他の注意点としては、ハードに触れる場合は手の静電気を逃がしておくことや、部品を無くさないように風の強い場所でやらないことや、細かい部品は色の付いた紙の上に置くなどの対策を行っておくと効果的です。

組み立て代行サービスの説明

コンピュータの組み立て代行サービスとは、パソコンのハードの設置やセットアップを代行するサービスのことです。BTOパソコンなどハード増設の余地が大きいデスクトップパソコンなどで、利用されるサービスです。コンピュータの専門知識がなくて、購入者が自力でハードの設置が困難な場合に、組み立て作業を代行することで購入者の負担を軽減させる利点や、購入後にすぐパソコンを使用できる利点があります。セットアップでは、デバイスドライバ関係やオペレーティングシステムや、その他関連ソフトなどのインストールなどが行われます。

コンピュータを楽しむ情報