コンピュータのボードゲーム進化

コンピュータの処理速度を調べるための尺度として計算速度だけではなく、アルゴリズムと呼ばれる人間で言う脳の賢さを測る尺度としてボードゲームにて機械と人間が戦いどちらが強いかを調べる事がよく行われてきました。10年程度前では、制限時間内での計算を行う処理は人間の方が早くコンピュータが負けるケースがほとんどでした。それが、チェスの勝負にて人間が負けるケースがよく出てきました。また、将棋に関しても、持ち駒を盤面に戻すことができるので、処理パターンがチェスと比較して膨大に大きかったので人間が勝つケースが多かったのですが、処理速度の向上により人間が負けるケースがより多くみられるようになってきました。

ネットで将棋や囲碁を始めよう

最近ではご高齢の方がコンピューターを使えるようになる講習などが大変増えています。それらの講習に参加されるご高齢の方で、囲碁や将棋などの趣味を楽しむ方が多くおられます。インターネットではそれらのゲームを通信対戦で楽しむ事ができ、遠くに住んでいるが足が悪くなかなか会えないなどのケースで大変活躍します。コンピューターが苦手な方でも操作が簡単なのでルールを把握していればすぐに覚えられるのが特徴です。また友人がいない方でそれらのゲームを遊びたいという場合にも、知らない誰かと対戦する機能がありますのでまったく心配はありません。

コンピュータを楽しむ情報